結婚できない・相手がいないという婚活の悩み、結婚相談所・婚活パーティーへの不安と婚活疲れを解消し、運命の相手との出会いと理想の結婚相手探しをサポート。あなたを後悔しない結婚に導く婚活サイトです。

結婚して子供が欲しいなら「晩婚化が進んでも出産適齢期は変えられない」という事実を認識しよう

  • HOME »
  • 結婚して子供が欲しいなら「晩婚化が進んでも出産適齢期は変えられない」という事実を認識しよう

晩婚化が進んでも、育児適齢期は変えられない

日本では女性の社会進出などに伴って、結婚年齢が年々高くなっていますよね。

いわゆる「晩婚化」です。

晩婚化に従って「結婚適齢期」と呼ばれる時期に対する、世間での認識も変わってきました。

平均寿命が延び、平均就業年齢が延び、平均結婚年齢が延び、人生の節目となるイベントが徐々にではありますが、着実におそくなっていく傾向があります。

 

出産と育児をこなす体力があるうちに結婚できる人生設計を考えましょう

しかし、こうした時代の変化に、私たち人間のの身体が適応しているわけではありません。

世間で言われる結婚適齢期が後ろにズレたからといって、出産適齢期や育児適齢期までがおそくなるわけではないんです。

特に女性にとっては、結婚と並ぶ人生の「2大イベント」が出産ではないかと思いますが、妊娠・出産・育児には相応の体力が必要です。

結婚の高齢化がすすんでも、残念ながら体力ピークの高齢化は起こっていません(笑)

妊娠・出産・育児に必要な体力に限って言えば、50代よりも40代、40代よりも30代、30代よりも20代のほうが適している事は間違いないわけですね。

 

出産に関しては医療も進歩していますが、女性としての肉体年齢は基本的に自己管理です。

結婚後に出産や育児を望んでいるのであれば、その時期は早いに越したことはありません。

出産時期を優先するあまり、焦って相手選びを間違うなんてことが起これば本末転倒ですが(笑)体力を含めた肉体的な年齢は無視できないファクターでもあります。

婚活をしながら「ジブン磨き」の一環として、来るべき「2大イベント」の為の体力作りも視野に入れておきたいところですね。

将来、お子さんを産んで育てたいというライフプランをお持ちで婚活に臨むのであれば、婚活の開始は一日でも早いに越したことはありません。

焦りを抱く必要はありませんが、成婚への最短距離を通ることは意識したほうがいいでしょう。

 

資料一括請求


PAGETOP
Copyright © ハピカツ!! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.