お見合い結婚で後悔する人の特徴 こういうタイプは結婚相談所がオススメ

最初に言っておきますが、恋愛結婚だろうと見合い結婚だろうと、後悔する人はします(笑)

ただ、ご自身の価値観や行動パターンなどから、あらかじめそれを予見して避けることはできます。

恋愛結婚向きなのにお見合いで相手を決め、見合い結婚したこと自体を後悔するくらいなら、最初からその方法は避けたほうが無難ですし、勝手に後悔されてるお相手にとっても失礼というものですよね(笑)

 

結婚相手を選べるようで選べない、お見合い結婚のしがらみ

お見合いで結婚して後悔するタイプというのがあります。

それは「選択肢が無いことに不満を感じる人」です。

 

お見合いって、お相手を選べているようで実はぜんぜん選べません。

紹介くださる仲人さんが、ババ抜きみたいに写真を並べて「どれにする?」なんて言ってくれることは、まぁ~ありません。

たいていは「この人、どうかしら?」って一人だけを推薦してきます。

 

結婚をすすめるくらいですから、相手がニートなんてことはありませんよね(笑)

プロフィールを聞いただけでNO!って言うようなこと、少ないんです。

本人でもない仲人さんに根掘り葉掘り聞けませんし、一度のNO!ならともかく、これを何度も繰り返すことには抵抗がありますよね、仲人さんに気を使って。

いざお見合いをしても環境は変わりません。

 

誰が見ても「なんだコイツ!?」って相手だったら気兼ねなく断れますが、仲人さんとの価値観が違う場合は、何度も断ることに抵抗を感じるようになります。

好意で紹介してくださってる仲人さんに10回も20回もNO!って言い続けるの、キツいですよね?

 

選べない。

とにかく自分の意思で選べないんです、数回なら断ることは出来ても、一度に複数から選ぶことは出来ない。

お見合いの回を重ねることに焦りも感じる。

で、どこかで着地点というお相手を見つけて結婚する。

 

これが、妥協して結婚したという不満に直結します。

自分で未来を選んだのではなく、第三者にあてがわれて仕方なく結婚したという被害者意識です。

何かトラブルが起こったとき、自分のせいではなく、環境や誰かのせいにしたがる、またはしてしまいがちになる傾向をもつ人が、その対象となります。

 

自分の意思でお相手を選びたいのなら結婚相談所がオススメです

断っておきますが、私はそういう人のメンタルケアをしたいわけではないんです(笑)

「キミの考え方、間違ってるよ」

なんて言うつもりもありません。

ここで大切なのは、同じ状況でもポジティブに適応できる人もいれば、つい不満をもらしてしまうタイプの人もいるという「事実」です。

そして、もし削自身が胸に手を当ててみて

「あ~、私は後者のタイプだな、きっと」

って思うのであれば、嫌なものを嫌だと言えない環境での結婚相手選びはオススメできない、ということなんです。

 

仲のいい友達とだってケンカすることはあるんですから、もともとソリの合わない人と暮らして不満が出ないわけがありません。

その不満を、自身の置かれた環境のせいにしてしまう傾向があるのでしたら、お見合いでの結婚はやめたほうがいいです、結婚相談所への登録をオススメします。。

あなたが選んだと自負できる人と知り合える環境で、結婚相手を見つけましょう。

他の人の中から、あなたが選んだと胸を張って言える環境で、あなたが選ばれたと自負できる環境で、結婚相手を見つけましょう。

まずはたくさんの結婚相談所の資料を取り寄せて、自分に合った婚活の場を探すところから始めてみてはいかがでしょうか。

【ズバット結婚サービス比較 -結婚相談所資料一括請求サイト】

 

資料一括請求