婚期を逃したと後悔している女性にならない為に

あなたは今、婚期を逃したと後悔して婚活に参加していませんか?

または、婚期を逃しかけていると感じて焦っていませんか?

 

婚期を逃したと感じる人に共通するふたつの事実

婚期というモノには、人それぞれに尺度があります。

・世間で言われる「結婚適齢期」という基準
・まわりの同世代がこぞって結婚していくという現実
・過去に結婚するチャンスを逃して、現在は何もないという後悔
・ひとりを不自由だと感じていなかったのに、ふと年齢を感じて起こる焦り
・心ない同僚や上司から伝わる「売れ残り」というニュアンス

実際、見ての通りヒトの尺度なんて極めていい加減なモノなんですが(笑)本人であるあなたがソコに負い目をかんじてしまっているという事実は、もはや無視できません。

 

上に列記した尺度のほとんどには、共通するふたつの事実があります。

ひとつ目は、それぞれの事例での「結婚適齢期」と呼ばれる時期には、少なくともあなたは結婚に対して、それほど前向きではなかったということ。

ふたつ目は、その尺度はあなた自身が持っている、または元々持っていたものではなく、あなたが外野の意見や感覚に「負けた」ことで背負い込んだものだということ。

 

何歳だろうと関係ない!結婚は「したい!」と思った時が結婚適齢期です!

このサイトでは何度もお伝えしていますが、婚期という「時期」においてリミットが唯一存在するのは、妊娠と出産、育児を加味した時のあなたの肉体年齢だけです!

大切なお相手とのセックスはいくつになっても楽しめますが(笑)その後訪れる妊娠・出産・育児に関しては、あなたの「メスとしての」機能や基礎体力が大きく影響するからです。

極端に言えば、閉経してから子供を産みたいというのが物理的に無理になるのと同じですよね。

ですので、将来自分の子供を産みたい、育てたいというビジョンがあるのでしたら、リミットはあなた自身の身体に尋ねる必要がありますし、そこには適齢期もリミットも存在します。

逆にいえば、そうではない場合は結婚や恋愛に適齢期もリミットも存在しない、というのがハピカツ!!のスタンスです。

 

ただ、結婚適齢期は存在しませんが、結婚を望んだ時に成就しやすい年齢というものは存在します。

残酷に聞こえますが、単純に若い方が「売れやすい傾向にある」というのは事実です。

個々の魅力には極めて大きな個人差がありますので、20代のクソ(失礼 笑)みたいな女性よりも、40代のキラッキラな女性の方が魅力的なのは間違いありませんが、それでも年齢というのは大きなファクターです。

また、これは特に重要なポイントですが、若さという武器とは別に、若い時に結婚を意識した方が、婚活に費やせる時間が圧倒的に長く獲れるという点は見逃せません。

若さを武器にするにせよ、しっかりジブン磨きを施して「選ばれるジブン」に変身してから婚活に臨むにせよ、スタートする時期は早いほうが有利なのは間違いないわけですね。

 

ですので、何歳で婚活をはじめるにしても、それが遅すぎるとか、婚期を逃したなんて悲観的な気持ちになる必要はありません。

結婚したいと感じた瞬間が適齢期です。

ただ、そう感じたのであれば、今からすぐに婚活を開始しましょう!

そう感じたのであれば、今からすぐにジブン磨きを施して「選ばれるジブン」に変身しましょう!

うだうだ悩んだりひねくれたりする時間こそ、もったいないです。

婚活すると決めたなら、まず行動です。

無料でできる結婚相談所の資料請求あたりから始めてみてはいかがでしょうか。

【ズバット結婚サービス比較】

 

資料一括請求