結婚できない焦りで、鬱(うつ)になるくらい悩むなら

結婚したいのに相手が見つからないという焦燥感は、人によっては相当に自分自身を追い込みます。

自分の外見や内面を卑下し、誰にも認められない、愛される資格がないという焦りや悩みで鬱の症状が出る方も、まれにいらっしゃるようです。

医学的に鬱である場合は、医師に相談する事を強くおすすめしますが、ここでは「結婚できない」という悩みとの向き合い方についてお話します。

 

結婚なんてしなくても幸せな人生は送ることができる!

婚活サイトで、こういうことを言っちゃダメなのかもしれませんが(笑)ぶっちゃけ、結婚なんてしなくても幸せな人生なんていくらでも送ることができます。

私の周りにも、そういう素敵な独身中年はたくさんいらっしゃいます。

いま、あなたの心は結婚にフォーカスされていると思いますので、その先に新しい未来や幸せな日常があるという強い想いがあるでしょう。

そしてそれが叶わない、それを受け入れてくれるお相手が見つからない事に強いストレスを感じていると思います。

 

けどね、結婚したいというのは、結局のところ私達人間が持つ「欲」のひとつでしかないんです。

お金持ちになりたい、病気したくない、おいしいものを食べたい、着飾りたい、ほめられたい、こういう欲求の中のひとつです。

こうした欲求って、叶おうが叶うまいが、人間は日々暮らしていきますし、暮らしていくことができますよね。

その人の価値観で欲求はそれぞれ違いますが、それが今すぐ手に入らないからと言って悩む必要なんて全然ないわけです。

 

婚活期間中をどういう気持ちで過ごすかが、あなたの幸せを左右する

たぶん、あなたは今すぐにでも結婚したいと思っているでしょう。

しかし、今すぐ結婚できないことを悩む必要なんてまったくありません。

あなたを見初める「お相手ありき」で成立するのが結婚です。

その運命の人が、いつあなたの前に現れるかなんて誰にもわからないんです、出会いなんて結局「ご縁」なんですから。

明日かもしれないし、5年先なのかもしれません。

いつ現れてもいいように、あなたはあなた自身を磨き続ける、磨いた自分が運命の人の目に触れるようにし続ける、それだけのことなんです。

 

結婚願望がある人が30歳で結婚するのと40歳で結婚するのとでは、前者のほうが幸せに見えますよね。

願いが叶うのに10年の差があると思うでしょう。

しかし、では後者の30歳代は不幸な10年だったんでしょうか?

きっとそうじゃないですよね。

もし不幸だと感じているのだとしたら、それは10年間ずっと成婚しないことだけにフォーカスし、ご自身の焦りだけを見ながら過ごしていたからでしょう。

婚活に一日24時間365日を費やしているわけではありませんし、そうあるべきでもありません。

独身として、楽しく過ごしながら結婚も視野に入れた10年というだけ、結婚はいくつかある欲求の中の、たったひとつでしかないんです。

 

婚活が思ったペースで進まず、ちょっと心が苦しいなと感じたら、少しのあいだ意識を結婚から離してみましょう。

あなたを幸せにしてくれるものにも目を向けてください。

心に余裕がなくなると、何をやっても苦しくなりますし、何より苦しそうなのがお相手に伝わってしまいますよ。