妥協して結婚したら後悔する? そもそも妥協する場所を間違えてる、結婚相手の選び方

結婚は人生の中の、とても大きなイベントです。

結婚を簡単にいえば「異性と籍を同じにして暮らす」というだけのことかもしれませんが、友達とシェアハウスに住むのとはわけが違います。

 

良くも悪くも、その後の人生の流れを大きく変える出来事となります。

それぞれに理想とする異性像があり、理想とするパートナー像があるでしょう。

たとえ恋愛結婚であったとしても、パーフェクトに理想にマッチしたお相手と結婚できる人はそんなに多くはないはずです。

出来ちゃった婚などはその最たるもので、この人といつか結婚したいと考えたことすら無いお相手と、覚悟を決めて結婚するケースも珍しくありませんよね。

 

婚活は一瞬の妥協が一生の後悔を生む

「妥協」

いやな言葉ですよね(笑)

今までお相手に恵まれず婚活をはじめる人にとって、この言葉は常に頭のどこかにこびりついているのではないかと思います。

理想を追っかけ過ぎて婚期を逃したと感じている人、まわりの素敵な異性は既婚者ばかりなので仕方なく生活圏外の人と知り合おうと決めた人、ご自身の年齢的にみても若いお相手を見つけるのは困難だと感じた人、様々な境遇で婚活はスタートします。

そこにある共通の思いは「妥協して結婚相手を選ぶ」という、あきらめに似た感覚ではないでしょうか。

 

妥協して何かをすることや、逆に妥協してやりたいことをしないでいるのは、後々うじうじと後悔する元になります。

やって後悔するより、やらなかったことの後悔のほうが大きいなんて言いますよね、これがまさにソレです。

妥協しないで本当に手に入れたいものを「欲しい!」って声に出して探し当てるべきだった、きっとこういう後悔をすることでしょう。

 

婚活だっておなじです。

恋愛結婚じゃないと負けたような気分でいるのなら、相談所になんて行かずに自力で探してください。

人の集まる場所に出向き、いろんな異性と積極的に交流してください。

 

けどね、恋愛だろうとお見合いだろうと相談所だろうと、選んでいるのはあなたなんです。

選ぶのもあなた、選ばれるのもあなた。

選択肢が多いか少ないかという状況だって、結局選んでいるのはあなたです。

「あ~あ、お金持ちの子供に生まれたかったなぁ~」

言ってることはコレとおんなじです(笑)なんだか滑稽じゃありませんか?

 

あなたは「結婚相手として絶対に譲れない一線」を持っていますか?

どんな出会い方だって、楽しく一緒に暮らせないなと思える人と付き合う必要はありません。

それこそ妥協、やっちゃダメなほうの妥協です。

あなたの中の「譲れない一線」を、きちんと自覚して婚活に臨みましょう。

どんなに結婚に焦っていたとしても、つまんない人と結婚して後悔しないわけがありません。

 

出会う方法は何だっていいんです、それは今あなたが置かれた現実なんですからソコは認めてしまいましょう。

その環境の中で、あなたが求める条件に見合った人「だけ」を探してください。

自然恋愛を諦め、お見合いや結婚相談所に頼ることは負けでも妥協でもありませんよ。

そこで焦ってカスだと気付いているお相手と結婚することが妥協です。

それこそ「負け」ですからね。

その場合は、気に入った方が現れるまで待てばいいんです。

早く結婚することが勝ちなんじゃなく、結婚してよかったと思えることが婚活の「勝ち」だということをお忘れなく。

 

譲れない一線をしっかりと決めたら、お相手探しの為に動き出しましょう!

【ズバット結婚サービス比較 -結婚相談所資料一括請求サイト】

 

資料一括請求