お見合い結婚は、離婚率が高いという噂は本当?

お見合い結婚は離婚率が高いという噂を耳にしたことはありますか?

「恋愛結婚に比べて交際期間が短い、お見合いや結婚相談所からの紹介による結婚は、お互いに相手のことを知る時間が短いので、結果的に離婚する人が多いらしい」

このように、まことしやかな理屈までついて(笑)お見合い結婚を敬遠する人までいます。

これから婚活する人にとっては無視できないウワサですが、これって本当なんでしょうか。

 

結論から先に言いますね。

ウソです(笑)

ウソどころか、その逆です。

 

恋愛結婚の離婚率が、お見合いや結婚相談所に比べ圧倒的に高い理由

現在、日本では結婚した約三割が離婚すると言われているそうですが、恋愛結婚した夫婦の離婚率は四割、たいしてお見合い結婚した夫婦の離婚率は一割だそうです。

恋愛結婚の、たった四分の一しかありません。

見合い結婚より恋愛結婚の方が絶対数が多いことを考えると、この数字は驚異的に少ないというのがおわかり頂けるのではないでしょうか。

 

理由についてはいろいろ考えられますが、まず何と言っても結婚を前提にしてお相手を選んでいるというのが大きいですね。

恋愛は何かのきっかけで「好き」「付き合いたい」という衝動でスタートしますので、結婚して日々の暮らしでどうなるのかなんて考えもしません。

いざ一緒に暮らしてみると「あらビックリ!」みたいな展開は安易に想像できると思います(笑)

「出来ちゃった結婚」なんかはその最たるもので、妊娠と言う既成事実が結婚に導いたというだけで、そこにはセックス以外の相性は存在しないわけですね。

「とりあえず好きだし、堕ろすなんて考えたくないし、結婚するかな」

という思考で結婚となりますので、生涯のパートナーとしてお相手がどうかなんて判断はそこに介入する余地すらないというのが現実です。

父親として、母親として、旦那として、妻としてどうかなんて、その時点では考える余裕がないわけです。

 

結婚を前提とした出会いや恋愛が、離婚の少ない安定した結婚生活を手に入れる

その点でいえば、お見合いや結婚相談所の紹介は、かなり冷静に結婚を考えて前進できます。

というか、結婚前提です(笑)

お相手のすべての情報を「この人と結婚したらどうなるのか」を基準に判断できるというのは非常にメリットのある手段だといえます。

感情任せの恋愛スタートではないので、いい意味で感情が先行していません、こと結婚に関しては「焦り」という別の天敵(笑)さえうまく処理できれば、「あの時はお互い盛り上がっちゃって……」みたいな失敗は極めて少ないと考えられます。

 

よく「恋愛結婚は減算方式、お見合い結婚は加算方式」なんて言いますが、これホントです。

好きで盛り上がって恋愛し、いざ結婚したら相手の嫌な部分がどんどん見えてげんなりする。

一方のお見合いはフラットな状態からスタートし、結婚後に相手のいいところが見えてくるようになる。

出会いの方法がお見合いというだけで、結婚するまでの期間はいっぱいデートして更にお相手のことを深く知る機会もあります。

付き合うことがゴールになっている恋愛と、結婚を前提とした恋愛期間を持つことが可能なお見合いや結婚相談所での出会い、離婚率に違いが出るのも当然かもしれませんね。

少なくとも、お見合い結婚と離婚の相関関係でネガティブな要素はないと断言してもいいのではないでしょうか。

 

あ、くれぐれも早く結婚しなきゃという「焦り」だけは気を付けてくださいね。

これでカス引いたら離婚する一割のほうに入ってしまう危険がありますよ(笑)