アラフィフの結婚、婚活では「本意じゃない高望み」に注意

アラフィフ、50歳前後からの婚活を考える方の事情や環境は様々です。

アラサー、アラフォーに比べて、初婚ではない方の比率が高くなりますが、離婚に至った理由も若い世代の離婚理由より多岐にわたり、死別された方も珍しくはなくなります。

結婚の動機の中に、お互いの老後や「死」に対する捉え方が反映されていることも多いです。

終活の一環として捉え、ひとりで死ぬとことへの不安や恐怖、介護を含めた老後を視野に入れ、人生最後の婚活に臨まれる方もいらっしゃいます。

 

このような価値観を男女双方が持ち、お互いを選ぶ結婚は老後を豊かなものにしてくれるでしょう。

しかし同時に、こうした人生の後半だからこそ実感できる「結婚の動機」は、それ以外の世代の人たちには実感できません。

容姿や性格、年収など、相手に望むものはいろいろあるでしょうが、アラフィフ以上の婚活には「結婚により満たされる、あなたの望み」が何であるかを最優先にして婚活して頂きたいと思います。

 

アラフィフの婚活は終活でもある!時間を意識して慎重かつ大胆に

相手に望みたい条件、欲を出せばいろいろありますよね。

たとえば男性だったら、条件の中にに必要以上に若い世代の女性を望むだとか、女性だったら必要以上に高い年収を相手に望む、みたいなことです。

どうせなら若い女性とワチャワチャしたいだとか(笑)優雅でお金の心配が一切ない男性を選びたいだとか。

もちろん、望んで叶うなら素晴らしいことなんですが、それを望むあまり時間だけがイタズラに過ぎ、本来の願いをかなえられる相手を見落としてしまうのは本末転倒ですよね。

タイトルにも書いていますが、欲張って高望みしたせいで、婚活を決意した動機を忘れてしまうのは、結果的に言えば「間違い」です。

なぜなら、アラフィフでの婚活を無駄に過ごしたり失敗すると、もう「後がない」からです。

焦って婚活をすることは世代を問わずここではオススメしていませんが、人生の残り時間を有意義に過ごすという目的を考えると、婚活を始める年齢が高いほど時間の経過は無視できないものとなります。

 

ご近所や趣味のサークルで、自然と誰かと知り合って結婚するのでしたら「後がない」なんてことはありません。

60歳、70歳でも全然結婚できます。

しかし、例えば有料婚活サイトや結婚相談所など会員制には、残念ながらアラフィフを超えた世代を受け入れる充分な体制がほとんど見当たりません。

高齢化社会がすすみますので、将来的には充実していくでしょうが、少なくとも「若い女性と」とか「お金持ちと」なんて条件で簡単に相手が見つかるなんてことは期待できないでしょう。

 

どうかこのラストチャンスを無駄にせず、どんなお相手と一生を添い遂げたいかをしっかりと考えた上で婚活に臨んで頂きたいと思います。

婚活したい「本当の目的」だけは見失わないと決めた上で、お相手選びを欲張ってください。

これから結婚相談所に入会する方は、間違いのない相談所選びの為に、まずは資料を取り寄せるところから始めましょう。

こちらから結婚相談所の資料を一括請求できますので、ぜひお申し込みください。

【資料請求】ズバット結婚サービス比較