アラサーの婚活、結婚に焦りは不要

結婚願望が目覚めるきっかけは、人によって様々ですよね。

小さい頃から「将来の夢はお嫁さ~ん!」なんてかわいいこと言ってる子供もいれば、そういう気持ちが一生目覚めないままの人だっています。

成人してからの結婚願望は、目覚めた時が適齢期だと個人的には思いますので、何歳までが早くて何歳からが遅いなんて議論は無意味です。

 

お相手がいないのに結婚願望が芽生えてしまうと「焦り」が起こる

ただ、問題になってくるのは結婚願望が芽生えた時に、目の前に適切な異性がいるのかどうかです。

たとえば交際相手がいる状態での結婚願望は、イコール「彼と結婚したい!」だと思います。

「じゃあ、すりゃあいいジャン」て話なんですが(笑)相手がいない状態で芽生えると、途端に「焦り」が生まれてきます。

「結婚したい、けど相手がいない、じゃあ探さなきゃ」ってなるわけですね、これが何歳で発生するかという問題です。

 

世間で言われる結婚適齢期だとか、友達が次々結婚していくという状況で、この問題が発生するケースが多いんですよね。

「売れ残る」なんて言葉が脳裏に浮かんだりして(笑)心がザワつくわけです。

アラサーなんて言葉も後押しして、焦りが隠せない人もいるかと思いますが、そういう感情は、とりあえず無視して大丈夫です。

 

結婚はファッションではなく、あなたの生き方です

大切なことなのでもう一度言います。

いいですか?アラサーごときの、突然心に湧き上がった結婚願望なんて「無視」です。

何故かというと、おそらくそこには、あなたの心からの「結婚したい」という気持ちが存在しないからです。

あなたは結婚したいんじゃなく、同世代の友達と足並みを揃えていたいだけだからです。

友達がヴィトンのバッグを持ってるから私も欲しい、コレと同じです。

 

もし、周りの友達がまだ誰も結婚していないのに自分は結婚したいと感じているとか、早く子供を産んで育てたいという強い想いがあるのなら話は別です。

しかし、結婚をファッションだと思っているのならやめた方がいいです。

「結婚した、家庭を持った、落ち着いた」という上着を羽織った姿で足並みを揃えたいだけなら、しないほうがますです。

そういう動機で結婚や子育てに参加したら、間違いなく「独身の方が気楽でよかったなぁ~」って後悔します。

 

内なる自分が「結婚したい!」と吠え出したら、その時はじめて前向きに検討しましょう。

それまでは、悔いのない独身時代を過ごせるように毎日を満喫するか、来たるべき「本気の結婚願望」が湧き上がった時に婚活を最短でキメる為に、しっかりジブン磨きをして待っていましょう。