実は結婚したいと思わない!

ご存知のように、このホームページは婚活を応援するサイトです。

「結婚はいいものだよ」って伝えて、「結婚したい」と思っているのにそれが叶っていない人たちを後押しする為に作りました。

しかし、この記事タイトルが心に引っかかった、あなたのような人が今これを読んでいます(笑)

 

なんとなく結婚しなきゃという焦りだけがある人って意外と多い

実はこれって、とても重要な事実を示しています。

何かというと、

「本心から結婚したいと願っている人だけが、婚活をするわけではない」

という事実です。

いろんな外因があって揺れ動いている、という表現のほうが適切かもしれませんね。

・別に結婚しないと決めてるわけではないけど、結婚することなくここまで来た。
・かと言って「結婚したいの?」と聞かれれば、ふたつ返事で「はい」とも言えない。
・結婚に興味がないわけではないけど、いまいち積極的に婚活するスイッチは入らない。
・けど、いま始めなきゃ後悔するような気もする。

ぶっちゃけ「メッチャ結婚したい!」わけでも「結婚なんてしない!」なんて決めてるわけでもないけど、「なるようになるさ」のままだと、なんともならない気がするという漠然としたジレンマ(笑)

結婚する平均年齢が年々上がっているという話はあちこちで耳にしますが、こういう気持ちでいる人の絶対数が増えたことが一因なんじゃないかと、私は勝手に解釈しています。

 

結婚して得られるもの、変えることが出来るものがある一方で、失うものや変えたくないのに変わってしまうものも確かにあります。

ご自身の年齢やまわりの人たちからの口添え(誹謗中傷を含む 笑)もあって、乙女心も紳士心も揺らぐわけです。

 

誰かに出会わなければ、良縁も悪縁も存在しない!

結婚は「縁」のものです。

したいと思っても、出来ないまま一生を終えられる方もたくさんいらっしゃいます。

一方で、望んでもいないのに結婚するハメになる方々もいらっしゃいます。

もしあなたが、結婚に対して気持ちが揺らいでいるのでしたら、気負わず、ゆる~く「ご縁まかせ」の婚活をしてみてはいかがでしょう。

 

残念ながら、異性と出会わなければご縁は生まれません。

異性と知り合うというチャンネルを持たないことは「一生結婚しません!」という宣言と同じ意味を持ってしまいます(笑)

ですので、誰かに「もし、いい人がいたらでいいので紹介してね」と声だけかけておくとか、飲み会だけは出るとか(笑)結婚紹介所に登録だけはしておくとか、間口だけは広げておいて、ご縁があれば……というスタンスは必要。

「結婚したくなるくらい素敵なお相手と出会うチャンスに恵まれれば考えようかな」程度で大丈夫です。

 

婚活に、必死にならなくても全然いいです。

結果的にご縁がなければあきらめもつきますし、「やっぱ婚活しときゃよかった」という後悔を10年後にすることもありません。

「もう一生独身でいい!」と思えば婚活を終了すればいいし、「結婚したいと思える人が見つかっちゃった」というのなら結婚すればいい。

今の自分にマッチした生活スタイルでいいと思います。

とりあえず、もしものご縁が飛び込むチャンネルだけは持っておきましょう。

結婚したくないという明確な意思がないのであれば、出会いや交流を閉ざす必要もありませんよね。

ゆる~く、気の合う異性を見つけるくらいのスタンスで考えてみましょう。