結婚相手に求める条件に、高い年収や職業を入れる前に

あなたが結婚すると、パートナーとの新しい生活が始まります。

衣食住、生活はきれいごとではありまされませんので、お金は重要なファクターとなります。

お金は無いよりあった方が当然いいでしょうし、相手の職業だってカッコイイ方がなんだか嬉しい、ステイタスがあればなお良し!そう考える女性は多いことでしょう。

 

あなたには、結婚相手に選ばれるだけの価値がありますか?

アメリカの有名コミュニティサイトに投稿した女性の書き込みに対して、J.P.モルガンのCEOが返信した話をまとめサイトから転載します。

有名な話ですのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、とりあえずお読みください。

 

*******ココカラ

【女性の書き込み】

私、年収4000万円以上の男性と結婚したいと思っているんです。

今、私は25歳で、見た目は結構可愛いと思っていて、スタイルももよく、センスもいいと思う。欲張りとと思われるかもしれないけれど、ニューヨークでは年収が8000万円という男性もザラだし、妥当かなって。

それで、このフォーラムに来ている人で年収4000万円以上の人っていますか? それとも、みんな結婚しているんですか?実際に年収2000万円の人とは付き合ったことがあるんですけど、それ以上の人と出会いたくって…。私が憧れているNYガーデンってところで暮らすことを考えると、2000万円の収入じゃ少ないんです。

だから、少し聞きにくいんですけど、いくつか質問です。

1、リッチで学士を持ってる人っていうのは、どこで遊んだりしてるんですか(できれば、レストランの名前とか、具体的なバーやジムの住所を教えてください)?

2、どれぐらいの年齢の人を狙ったらいいですか?

3、どうしてお金持ちの奥さんって見た目がフツーな人が多いんですか? 何人か会ったことあるけど、はっきり言ってフツー以下の人もいる(笑)。なぜなんでしょうか?

4、ズバリ、お金持ちのみなさんは、どうやって結婚する女性を選ぶんですか?

 

【J.P.モルガンCEOの回答】

大変興味深く読ませていただきました。

実際、あなたのように考える人は少なくないと思います。
私は年収4000万円以上。あなたの希望に添っていますから、プロの投資家としてお答えさせていただきます。

要約すると、あなたは「美しさ」と「お金」を交換しようとしています。すると、そこにはひとつ重大な問題が発生します。私の収入は年々増えていきますが、あなたの言う「美しさ」は年々目減りしていくということです。私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりする資産」。それも急激に下がっていくことは間違いないでしょう。

ウォール街では、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。売買するものの価値が落ちるとわかれば、私たちはすぐにそれを売ってしまいます。「長期保有」することはないのです。しかし、結婚とは「あなたを長期的に保有すること」なのです。

少し言い方が悪くなってしまうけど、あなたを資産として考えた時、「短期保有」のほうが賢い選択です。もっと言えば、レンタルで十分。保有する価値がありません。年収4000万円を稼ぐ人はバカではないので、あなたとデートすることはあっても、結婚することはないでしょう。

さて、アドバイスするとしたら、お金持ちと結婚する方法を探すよりも、ご自身がお金持ちになってはいかがでしょうか?

この答えが少しでもあなたの役に立てば幸いです。

そうそう、もしあなたが「レンタル」に興味があるなら、私にご連絡ください。

*******ココマデ

 

カッコイイですね、モルガンの社長さん(笑)

なぜこの話を引用したかというと、あなたが相手に望む年種の高さや職業のカッコよさ、外見の美しさと引き換えに、あなたは何を提供できるんですかってことを、婚活の前に考えて頂きたいからです。

私は個人的に、提供できるものがスタイルでもセンスでもいいと思っていますが(笑)条件を付けて相手を選ぶということは、同じように相手に選ばれるということでもあるわけです。

 

理想の条件を満たすお相手と結婚するには、あなたもお相手の条件を満たしている必要がある

今のあなたは何らかの事情があって、結婚を望んでいるにもかかわらず、それが叶わないでいます。

「相手は誰でもいい」ってヤケクソの状態ではないでしょうから(笑)結婚相手に求める「何らかの条件」はありますよね。

お相手に何を望むかはあなた次第、叶うのであれば夢も理想も大きいに越したことはありません。

問題は、出した条件に当てはまる相手から見たあなたは、その人が選びたくなる対象になっているのかということなんです。

 

年収や職業だけじゃありません、もしあなたが「やさしい人」と結婚したいんだったら、果たして「やさしい人は、あなたを選んでくれるのか」を考えないと意味がないということなんです。

あなたもやさしくなれ!という意味ではありません、やさしい人が惚れてくれる対象にあなたがならないと、あなたは決して彼らに選ばれることはないということです。

お相手に高収入を望むのなら、高収入のお相手が選びたくなるあなたに、お相手にやさしさを望むのなら、やさしいお相手が選びたくなるあなたになる必要があるんですよね。

それが、婚活にあたっての「ジブン磨き」になるわけですね。

 

ちょっと厳しい言い方ですが、理想を言いたい放題言って、何の努力もせずに理想の異性と結婚出来るんだったら、あなたはもうとっくに結婚しているはずです。

なぜ結婚していないのか?

結果的にあなたが選ばれなかったからです、あなたが結婚してもいいと思える条件を持つ異性から。

「女なら誰でもいいよ、飯作って洗濯してセックス出来るオンナなら」なんて考えてる男性に惚れられたいですか?(笑)

そんなことはありませんよね。

 

条件を挙げて結婚相手を選びたいなら、まず選ばれるジブンになりましょう。

望む条件に高いも低いもありません、それが叶うかどうかは「あなたが、そんな彼らに選ばれるかどうか」でしかないのですから。