結婚を焦る必要のある、肉体年齢というリミット

結婚は、あなたとは別の人生を歩んできた別の誰かと、ご縁で結ばれて成立するものです。

ですので、本来は結婚そのものに、いわゆる「適齢期」なんてモノは存在しません。

お互いの心と身体と、ご縁の準備が整った方から結婚します。

・心の準備は、結婚への覚悟や人との関わり方を学ぶこと
・身体の準備は、成熟した大人になって、身体の内外から魅力を発すること
・ご縁の準備は、お互いに魅かれ合う出会いを見つけること

心の準備、身体の準備、ご縁の準備が整っていない方は、その準備をすすめればいいだけなんですね。

この三つが整えば、結婚は誰でもできます。

それが20代で来るのか、アラサーで来るのか、アラフォーで来るのか、アラフィフで来るのか、それだけのことです。

早く来て欲しいのであれば、早く準備すればいいわけです。

 

唯一、肉体的な事情で結婚を急いだ方がいいケースとは?

結婚に適齢期はありません。

ただ、結婚相手の子供を産みたいというのであれば、事情は少し違ってきます。

妊娠、出産、育児に耐え得るだけの体力のある状態でなければなりませんし、生まれた子供が成人するまで責任と持って養うだけの、収入と親の健康を維持する必要がありますよね。

人間の「生き物」としての構造を考えると、結婚の先に妊娠・出産・育児を視野に入れるのであれば、残念ながら結婚は早いに越したことはない、という現実があります。

 

ですので、ご縁で結ばれた相手との間に子供が欲しいのであれば、上に書いた「三つの準備」を出来るだけ早くすすめていくことをオススメします。

あなたが女性であれば、妊娠・出産・育児に耐え得る年齢や体力のあるうちに。

あなたが男性や世帯主になるのであれば、子供が成人するまで健康に働けるうちに。

出産や育児、お子さんの成長の期間を考えて時間を逆算してリミットを考える必要があります。