婚活はマーケティング(婚活地獄・婚活疲れに陥らない方法 その5)

婚活疲れに陥らない方法について書いています、今回はその5回目です。

前回記事はコチラです。
婚活が長期化する人は、魅力も無いのに結婚相手に選ばれると思っている(婚活地獄・婚活疲れに陥らない方法 その4)

婚活は、商売と同じです。

「あなたという商品」を買ってくれそうな人を探し、集め、買ってもらう作業だと言えます。

あなたがどんなにお客さんを選びたいと思っていても、「あなたという商品」を気に入ってくれる人の中からしか選ぶことは出来ませんよね。

じゃなきゃ押し売りになります(笑)押し売りが愛されるという話を私は聞いたことがありません。

 

あなたが選ばれる為に必要な、ふたつのポイントとは?

あなたが結婚相手にどんな条件を付けたとしても、あなたがお相手の出す条件を満たしていないと結ばれることはありません。

この事実は、私たちにふたつのことを教えてくれています。

 

ひとつは、言い換えればあなたが自分を磨いて「選ばれやすい立場」になれば、あなたの希望通りのお相手が見つかる可能性がグッと上がるという事実です。

何の努力もせずに、ただ自分の希望を声高に叫び続けているだけでは、あなたの成婚は「奇跡待ち」に近いわけです(笑)

半年なり一年なりの時間をかけてでも、今より魅力的な人間になることで、あなたを気に入ってくれる相手の絶対数を増やすことが出来ますよね。

 

ふたつ目は、今から結婚を前提にジブン磨きをするのであれば、あなたが結婚相手として考える「タイプの人たち」に、好まれる部分をピンポイントで伸ばすという作戦を練ることが出来るという事実。

たとえば週末にスポーツをしているアクティブな男性が好みだったら、同じ趣味を持ったり、料理や栄養学への造詣を深める、みたいな感じです。

あなたが好意を持つお相手の前に「お相手が興味を持つようなあなた」が現れないと成婚には至らないということです。

 

あなたという商品を婚活市場で「売る」為にクリアすべき問題点

婚活はマーケティングです。

成婚を商売だと考えた場合、「あなたという商品」が選ばれない理由は、次の三つのうちのどれかしかありません。

・商品の存在が知られていない(婚活の場に登場していない、存在がアピール出来ていない)
・商品の価値を理解しない人しか集まらない(あなたが望むお相手を集められていない)
・商品に魅力がない、値段と価値が見合わない(あなたを選びたいと思えない)

この三つをクリアすれば、「あなたという商品」は必ず売れます。

 

売れるか売れないかだけではなく、高く売れるか、どんな人に買わせたいかもあなたが決めることが出来るようになります。

誰に買って欲しいのかをあなた自身が知り、彼らの目にとまるように「あなたという商品」を磨き上げ、彼らの前に現れて、目の前にそっとあなたという商品を置けば、あなたの結婚相手は必ず見つかります。

これが、あなたが最短で最良のパートナーを探し当てる唯一の方法です。

次回で総括しますね。

婚活市場の攻略は、あなたが婚活地獄から脱出する唯一の方法です!(婚活地獄・婚活疲れに陥らない方法 その6)