結婚相手を見極める方法

結婚するお相手を間違わずに正しく選び、幸せな結婚生活を送る方法はあるのでしょうか。

本来ならば、何も考えずに感情の赴くままに「好き」と思えて、そのまま結婚に突っ走れるような恋愛感情があって、結婚後も幸せに暮らせるというのが理想ですよね。

うんうん、たぶん皆さんそう思ってるはずです、それが理想的な結婚だと。

確かにそう、でも最初から結婚というハードルを意識して婚活している私たちは、実はもっと恋愛や結婚に対して慎重・臆病になっているはずです。

始めに恋愛ありきで気が合えば結婚、というスタンスで「結果的に結婚してしまった人たち」のように奔放ではないはずです。

なんとか結婚したい、もちろんやっと手に入れた結婚生活が失敗に終わるなんて耐えられない、これは婚活する皆さんが抱いている正直な気持ちだと思います。

ですので、どうしてもお相手選びに慎重になってしまうのは仕方がないことなんですね。

 

この人とずっと笑顔で暮らしていけるのか?

「好き!この人と結婚したい!」

最終的にこのような気持ちになるベースは、間違いなく「あなたの感情」です。

しかし、結婚に失敗したくないのであれば、あなたがその人と結婚したい思う理由を、ほんの少しだけ冷静に、しっかりと自覚しておく必要があります。

好意のベースはもちろん感情だけど、感情任せではなくお相手に好意を持つ理由を自問する、もっと踏み込んで言えば、好意を持てない理由が何かを考えてみて、それがお相手との生活の中で表れないかを想像してみる、というシミュレーションが必要だということです。

たとえばお相手がやさしくて経済力もあり、釣書としては希望通りの上にお互いがお互いのことに興味を持っていたとしても、たとえば会話の端々に表れる男尊女卑的な価値観にあなたは耐えられるのか、他人への無関心に耐えられるのか、お相手の些細な言動にあなたは一生耐えられるのか、みたいなことです。

気にならないなら問題はありません、ですが生活を共にする上でどうしても折り合わないと苦痛に感じる部分は、少なくとも結婚前に知った上で覚悟して結婚しないと、あなたには結婚したこと自体を後悔しながら結婚生活を送るという毎日が待っています。

 

100%理想の相手なんてそうそう出会えるわけではありません、何かしらの妥協は求められるはずです。

しかし、好きだから目をつぶれる、という範囲はおのずと限られています。

結婚したいという想いの強さに引っ張られ、妥協ではなく「我慢」を結婚に持ち込むことは、少なくとも私にはオススメできないということです。

 

あなたに合ったお相手を選べるのはあなたしかいない!

「本当にこの人でいいの?」

何度も何度も自問して、あなたの心の声を聞いてみましょう。

結婚を焦る気持ちは理解できます、この人を逃したら次はもうないんじゃないの?という不安もわかります。

私はあなたに結婚に臆病になれとも、慎重になれとも言うつもりはありません。

しかし、あなたが手に入れたいのは「結婚」という事実ではないはずです。

あなたが望んでいるのは戸籍を書き換えることではなく、結婚を通じて得られる幸せで充実した新しい生活、人生のはずです。

結婚して、今より幸せを感じることができるか、少なくとも「結婚しなきゃよかった」という後悔をしないか。

そこだけは、絶対に妥協してはいけないのです。

 

まずは焦らず、じっくりとお相手の言動や立ち居振る舞い、価値観を観察しましょう。

あなたはその方と一生一緒に楽しく暮らしていけるのか、あなたの価値観とじっくり照らし合わせてみてください。

そして、ダメだと判断した時に決断できる勇気と、出来れば次を選べるたくさんの選択肢を持ちましょう。

あなた以上に、あなたに合ったお相手を選べる人はこの世の中にいないんですから。

後悔しないことだけに集中して、しっかりとお相手を見極めましょう。

【ズバット結婚サービス比較 -結婚相談所資料一括請求サイト】

 

資料一括請求